Googleキーワードツール

Googleキーワードツールは、世の中の需要を調査するには最適のツールですね^^

SEOやリスティング広告を気にしたことがある方、仕事にしている方などは日々利用されているかもしれません。
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal
 
自分の調べたいキーワードの月間の検索数が調査でき、
さらにそのキーワードに関連する「複合キーワード」や関連する派生キーワードも調べることができるツールです。
 
例えば「コーヒー」で検索すると下記のように表示されます。

 
  
 
上手のように、キーワードに関連する表が表示されますが、
そのようにある用語については皆さん把握されていますか?
 
こちらについても紹介させていただきます。
 
キーワード
調べたいキーワードになります。そのキーワード部分にカーソルを合わせると表示される虫眼鏡のアイコンをクリックすると、そのキーワードの検索ボリュームの傾向をGoogle Insights for Searchで表示できます。
 
競合性
そのキーワードに他の広告主がアドワーズ広告でどれくらい入札しているか。色付きの部分が多いほど競合が多いことを示します。
 
検索ボリューム
過去1か月間にGoogle検索の関連サイトでのおおよその検索数を示します。
 「グローバル」 全世界での検索ボリューム
 「ローカル」  日本国内の検索ボリューム
 
推奨CPC
そのキーワードで、GoogleAdWords広告において1~3位に表示させるために必要な入札単価の予測。
 
広告シェア/検索シェア
過去1~2か月でそのキーワードで広告が表示された回数の割合。
広告シェアは、すべてのページが計算の対象を表します。
検索シェアは、1ページ目に広告が表示された回数の割合を表します。
 
Google 検索ネットワーク
Google 検索ネットワークでユーザーがキーワードを検索した1 か月あたりの回数が、過去 12 か月のおおよその月間平均に基づいて表示されます。
ターゲットに設定した国や言語に基づくデータが表示されます。利用できるのは完全一致タイプのみです。
 
ローカル月間検索ボリュームの傾向
過去12か月間の検索ボリュームの傾向
 
抽出元ウェブページ
ウェブサイトのどのページからキーワードが選ばれたか。つまり、そのページを広告のリンク先にするのが良いということですね。
 
 
これらすべてがCSVにてダウンロード可能なので、資料の作成などにはとても便利ですね。
 

 
================================
今後メルマガでWeb集客やマーケティングの
情報など、いち早くお知らせしていきます!
そのメルマガ登録はこちらですよ。
http://tsunoda.biz/mailmag/
================================

Google Trends for Websites で競合分析

昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)では、Googleトレンドとして、検索キーワードのトレンドを調べる方法などを整理させていただきましたが、今日は「Google Trends for Websites」です。
 
 
何が違うか、、、そうなんです。その名の通り、検索キーワードでなく、あるWebサイトの訪問数のトレンドがわかってしまうツールなのです。
http://trends.google.com/websites
 

 
 
上記は勝手に旅行関係のサイトを比較させて頂いちゃいましたw
JTBさん、HISさん、じゃらんさん、Yahoo!トラベルさん

皆さん旅行関係ではありながら、サイト目的が異なるかもしれないので、一概に比較はできないかもしれませんが、
これを見ると、じゃらんさんのアクセス数が一番多いのですね!
 
 
このように、自社のサイトと競合となるであろうサイトとの比較が可能になります。
アクセス数だけでなく、地域や、キーワードも把握でき、「ふむふむ このサイトはこのキーワードの流入が多いのか!」なんてこともわかったりします。
ぜひお試しを~
 
 
Googleによると、このデータはGoogle検索データ、オプトインによる匿名のGoogle Analyticsデータ、オプトインの消費者データ、サードパーティーのマーケット調査データなどなど、複数の情報源を組み合わせて算出しているようです。
 
また、URLを入力して検索してもデータが表示されない場合があります。
その基準はトラフィックが少ないサイト、Googleにインデックスされていないサイト、品質ガイドラインを満たしていないサイト、その他の理由により表示されないようです。
 
 
昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)に引き続き、ツールの説明でしたが、これで競合分析など自社以外の調査が可能になりますね!

Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)

Googleトレンドは、検索キーワードを入力して「トレンドを検索」を押すと、そのキーワードの検索数の推移が見れる無料ツールです。
http://www.google.co.jp/trends/
 
これを使うことによって、御社のサービスがどの時期にどの程度の需要があるのか、時期によってどの程度検索数が伸びるのかも把握できちゃうんですね^^
Webを十分にビジネスに活用するためには、自社サイトの改善だけでは自己満足に終わってしまいます。
 
全く需要の無いものをサービスとしても売り上げにつながるわけがないですからね^^
下記よりダウンロードできる「Web解析の無料レポート」にも書いていますが、自社サイト以外の分析もビジネスを行う上では重要です。
https://www.facebook.com/seeds.create
 

Googleトレンドの使い方

既に使ったことある方も多いと思うので、いきなり複数の単語を調べてみましょう^^
 

 
例えば上記のように、「AKB48」、最近テニスで活躍した「錦織」選手、この時期流行する「インフルエンザ」を比べてみました。
各キーワードの間を「,」(半角カンマ)で区切ると、それぞれ個別のキーワードとして認識されます。
 
上記は、本日(2012年2月16日)から過去30日間をさかのぼって調査した結果になります。
この30日間でも結構変動がありますね。特に赤いグラフ「錦織」は、全豪テニスで活躍した時に一気に検索数が上がっています。
 
グラフの下に表示されるのは下記のような画面になります。

 
どの地域での検索巣が多いのかを把握することができますね。
「詳細地域」「都市」「言語」が見れます。
 
その下の方に「このページをCSVファイルにエクスポート」っとCSVでダウンロードすることもできます!
とても親切ですね(Googleアカウントでログインしているユーザーのみ)。
ダウンロードできるCSVファイルとして「相対尺度」「固定尺度」とありますが、これは。。。?
 

「検索数の指数」の意味

グラフの中に書いてある「検索数の指数」。この意味を皆さん理解しておりますか?
上記に書かせていただいた「相対尺度」「固定尺度」との関連になりますが、
 
「検索数の指数」は、「相対尺度」,「固定尺度」の2パターンで見ることができます。
 

相対尺度

指定した期間内の平均値を1.0とする尺度で、
グラフについては、この尺度でグラフに表示されています。
 

固定尺度

ある時点(多くの場合、2004年1月)の値を1.0とした尺度で、
「このページを CSV ファイルにエクスポート」から「固定尺度の CSV ファイル」を選択することで数値が出せます。
こちらはグラフには表示されていない指数です。
 
 

 
このような情報が見れる便利なツールです!
ある程度の検索数がないとデータが表示されないため、大きな企業とならないと使えないですが、ライバル企業と検索数の比較なども可能ですね。
 
例えば下記は「Windows」と「apple」を比較してみました。

 
シェアの問題もありますが、Windowsの方が多いですね。
昨年一年間を調査しましたが、10月ころにいちどappleがWindowsを抜いている時期があります。
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられた時ですね。このように世の中の動きがわかってきます。
 
グラフの下の「ランキングの基準にするキーワード」で、指数の基準をどのキーワードにするか選択できます。
 

 
 
 
おまけですが、「Facebook」と「Google」も対決させてみましたw

 
昨年の後半から、FacebookがGoogleを抜いちゃってますね^^
 
あくまでも検索数ですが、その企業の勢いを感じることができますね^^ 
 

==========================================
現在Web解析に関するツールを開発中
下記のグループページにてモニターを募集中です。
無料なのでぜひご登録ください^^
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
==========================================
「Web解析レポート」を無料公開中です。
また、初心者にもわかりやすいアクセス解析用語集もプレゼント!
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。
https://www.facebook.com/seeds.create
==========================================

Googleによる2012年Web解析の方向性


 
 
Googleによる2012年の解析の方向性が整理されています。
 
それによると重要なのは下記の5つ!
 
 
●モバイル(スマートフォン)の解析が重要
→スマートフォンの普及は止められませんね^^
eコマースなどのでの重要性は増してくると思いますが、さらに重視さるようになるのは
ローカルビジネスでの活用ですね。GPS(位置情報)などどのように動くか楽しみです。

●ソーシャルメディアの ROI 分析がより本格的に勧める
→Facebookの活用、Facebookページなどのを持っている方は多いと思いますが、
その効果は計測できていますか?
「いいね!」ともらっているだけで満足して、ほとんどの方が計測できていないと言われています。
こちらの計測も視野に入れる必要がありますね。
  
 
●コンバージョンだけでないユーザー行動を把握
→私のレポートにもまとめた様に、オンラインのデータだけでは分からない、
オフラインを含めた計測や、ユーザーの方がメディアに触れた際にどのような行動、思考をしたのか!
やはりこの計測が重要視されてきますね。
 
●最適な広告を最適なタイミングで リアルタイム解析をしよう
→例えばGoogleAnalyticsの様なアクセス解析ツールの機能が充実しています。さらにスピードを
上げなくてはいけません。タイミングも重要です。
 
 
●データ解析を更に改善につなげる!(改善につなげるためのデータ取得)
→データを見ているだけでは不十分です。改善につなげてこそWeb解析です。
今年は改善につなげるためのデータを取得するツールがどんどん出てくることが予想されます。
いち早くその情報を入手して、自分のサイトを改善するためのデータ取得を進めていく必要がありますね!
 
 
 
当記事の参考とした、英語の記事はこちら
http://analytics.blogspot.com/2012/01/look-ahead-at-measurement-in-2012.html
 
 
 
今後もWeb解析・アクセス解析に関する情報を
下記Facebookのグループページで公開していきます。
ご興味がありましたら是非のぞいてみて下さいね^^

https://www.facebook.com/groups/webanaylst/

リスティング広告では既に!広告表示位置に位置も考慮

グーグル、検索ユーザーの現在地に物理的な距離が近い広告がより上位に表示されるようにすると発表されたようです。
http://googlemobileads.blogspot.com/2011/10/mo-mentum-whats-new-with-mobile-search.html
 
アメリカのGoogleでは、検索連動型広告の表示順位に、自分がいる位置が考慮されるようになる仕組みを導入する事を発表。
スマートフォンを中心としたモバイルってことですよね。
 
広告でこれができるのであれば、SEOなどにもこのような要素が入ることは予想できるのではないでしょうか。
 
う~ん。近い将来そのようになるはずですね。

Google+1(グーグルプラスワン)が全世界で公開

先日、当ブログでも書かせて頂いた「Google+1(グーグルプラスワン)」。
これまでは、Google.comにのみ公開されていましたが、この度全世界にて公開したとの公式アナウンスが出されました。
 
Google+1(グーグルプラスワン)の設置方法・効果
 
早速確認すべく、Google.co.jpでも検索をしてみたところ、「+1」ボタンを確認できました!
Google+1(グーグルプラスワン)が全世界で公開
(ぜひ「コーヒー」と調べて『@コーヒー事典』の+1ボタンをクリックしてください~^^)
 
Googleを利用している人は多いので、今後このボタンが検索結果に表示されることにより大きく広まりますかね。
どこまでのものになるか注目です。

【WordPressを使う際に必ず入れるプラグイン】サイトマップ(sitemap.xml)作成『Google XML Sitemaps』

「WordPressはSEOのメカニズムの80-90%を考慮した設計」となっていると言われており、SEOに向いたサイトを作るにはもってこいのCMSツールとなっておりますが、さらに検索エンジンにページを認識してもらいやすくするためには、Googleウェブマスターツールを使います。
 
そのGoogleウェブマスターツールでは、sitemap.xmlを登録し、こちらからそのファイルをGoogleに見てもらうような設定をするのですが、その「sitemap.xml」ファイルを作るためのプラグインが、今回紹介させて頂く『Google XML Sitemaps』になります。
 
このプラグインを使う事により、新規のページ追加、投稿の際に自動的にsitemap.xmlを再構築してくれるようになり、毎回作成する手間などを省く事が出来ます。

【インストール方法はこちら】
1.管理画面の 「プラグイン」>「新規追加」 ページへ移動し、『Google XML Sitemaps』で検索。
2.検索結果に表示される、『Google XML Sitemaps』の「いますぐインストール」をクリックしてインストールします。

 
3.インストールが終了して下記の画面が表示されたら、「プラグインを有効化」をクリックし、インストール完了

 
4.インストールが完了すると「設定」部分に『XML-Sitemap』が表示されるので、そのページで詳細の設定が可能です(下記参照)。

まずは上記ページの「サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリックしてまず構築して下さい。」の部分で、クリックしてsitemap.xmlを構築しましょう!
 
その後は、「ブログのコンテンツを変更したらサイトマップを再構築する」にチェックを入れておけば、ページの更新、投稿の度にsitemap.xmlも更新されるのでとても便利です。
 
sitemap.xml構築後は、Googleウェブマスターツールでアカウントを作成し、sitemap.xmlを登録しておきましょう^^

Google+1(グーグルプラスワン)の設置方法・効果

少々遅くなりましたが、Googleが6月1日にWebサイトに設置できる「Google+1」ボタンを公開しました。
http://code.google.com/intl/ja/apis/+1button/
 
このボタンは「おすすめ」や「要チェック」などの情報を手軽にマークできる機能で、もう既に有名なFacebookの「いいね!」ボタンと同じようなもの。
これまでGoogleは、E・シュミット氏が「ソーシャルの失敗は自分の責任」とあるカンファレンスで述べているように、ソーシャルネットワーク分野で相当な後れを取ってしまっており、遅ればせながら、そのようなものに対応した感じの今回の+1ボタン。2011年6月1日時点ではgoogle.com(英語版)のみ検索結果に表示されるようです。
グーグルのソーシャル化の遅れは「わたしの失敗」、シュミット会長が告白
 
今後どのように広まるかは。。。
 
【設置方法】
このGoogle+1の自分のサイトへの設置方法は驚くほどに超簡単!
下記ページからタグを発行して、自分のサイト内と、設置したい場所にそれぞれのタグを貼りつければOK。
http://www.google.com/webmasters/+1/button/

Wordpress等のテンプレートに反映する場合は、1分以内に終わります。
 
【効果】
Googleから公開されたツールだけに、その効果、、、SEOへの効果が気になる点ですね。
Googleエンジニア・Matt Cutts氏によると、『Google+1のデータもシグナル(関連性を判断するための手がかり)の1つとして扱う可能性がある。ただし、他の数多くあるシグナルの中の1つに過ぎないため、+1というユーザー評価によってすべての検索順位が決定するわけではない。』
っとのこと。「+1」だけで決まってしまっては大変なことですが、順位を決める一つの要素となってもおかしくありませんね。

会員・顧客管理も可能!メール・アンケートフォームが簡単に作れるGoogleドキュメント

Googleドキュメントでのメール・アンケートフォームの作成は既にだいぶ前から可能だったのですが、あらためてその機能の充実ぶりに驚き・感動したのでブログに書こうと思います。
 
まずはGoogleドキュメントにログイン

Googleアカウントを持っていない人は新たに登録しましょう。
 

ログイン後に表示される画面の左上。
「新規作成」をクリックして、表示される「フォーム」をクリック!
 

そこで表示されるフォームの作成画面にて、お好みの項目を登録し、質問の形式を選択。必須項目などもここで調整できます。
 

作成したフォームを保存すると、直ぐにこのようなフォームが簡単にできちゃいます。
 

フォームが完成して、Googleドキュメントの画面に戻ってみると、自動的にスプレッドシートができている。
そのスプレッドシートをクリックすると。
 

お手軽すぎてビックリです。フォームに作成した項目も追加されていて、そのままデータが保存されていきます。
 

フォームの編集画面やスプレッドシートから、上記のような画面で登録データを視覚的に確認する事も可能です。
 
作成方法も簡単だし、SSLでセキュリティもOK!
Googleなので、一時的なアクセスアップ等にも対応できそうですね。
期間限定のキャンペーンのサイトなどでもバッチリ。
 
この機能を使ってアンケートフォームを作成してみました。
皆さんお気軽にご回答いただけると嬉しいです。

 
また上記フォームの回答がどのように保存されるか、スプレッドシートも公開してみました。
ご参考までに。