Google Trends for Websites で競合分析

昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)では、Googleトレンドとして、検索キーワードのトレンドを調べる方法などを整理させていただきましたが、今日は「Google Trends for Websites」です。
 
 
何が違うか、、、そうなんです。その名の通り、検索キーワードでなく、あるWebサイトの訪問数のトレンドがわかってしまうツールなのです。
http://trends.google.com/websites
 

 
 
上記は勝手に旅行関係のサイトを比較させて頂いちゃいましたw
JTBさん、HISさん、じゃらんさん、Yahoo!トラベルさん

皆さん旅行関係ではありながら、サイト目的が異なるかもしれないので、一概に比較はできないかもしれませんが、
これを見ると、じゃらんさんのアクセス数が一番多いのですね!
 
 
このように、自社のサイトと競合となるであろうサイトとの比較が可能になります。
アクセス数だけでなく、地域や、キーワードも把握でき、「ふむふむ このサイトはこのキーワードの流入が多いのか!」なんてこともわかったりします。
ぜひお試しを~
 
 
Googleによると、このデータはGoogle検索データ、オプトインによる匿名のGoogle Analyticsデータ、オプトインの消費者データ、サードパーティーのマーケット調査データなどなど、複数の情報源を組み合わせて算出しているようです。
 
また、URLを入力して検索してもデータが表示されない場合があります。
その基準はトラフィックが少ないサイト、Googleにインデックスされていないサイト、品質ガイドラインを満たしていないサイト、その他の理由により表示されないようです。
 
 
昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)に引き続き、ツールの説明でしたが、これで競合分析など自社以外の調査が可能になりますね!

Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)

Googleトレンドは、検索キーワードを入力して「トレンドを検索」を押すと、そのキーワードの検索数の推移が見れる無料ツールです。
http://www.google.co.jp/trends/
 
これを使うことによって、御社のサービスがどの時期にどの程度の需要があるのか、時期によってどの程度検索数が伸びるのかも把握できちゃうんですね^^
Webを十分にビジネスに活用するためには、自社サイトの改善だけでは自己満足に終わってしまいます。
 
全く需要の無いものをサービスとしても売り上げにつながるわけがないですからね^^
下記よりダウンロードできる「Web解析の無料レポート」にも書いていますが、自社サイト以外の分析もビジネスを行う上では重要です。
https://www.facebook.com/seeds.create
 

Googleトレンドの使い方

既に使ったことある方も多いと思うので、いきなり複数の単語を調べてみましょう^^
 

 
例えば上記のように、「AKB48」、最近テニスで活躍した「錦織」選手、この時期流行する「インフルエンザ」を比べてみました。
各キーワードの間を「,」(半角カンマ)で区切ると、それぞれ個別のキーワードとして認識されます。
 
上記は、本日(2012年2月16日)から過去30日間をさかのぼって調査した結果になります。
この30日間でも結構変動がありますね。特に赤いグラフ「錦織」は、全豪テニスで活躍した時に一気に検索数が上がっています。
 
グラフの下に表示されるのは下記のような画面になります。

 
どの地域での検索巣が多いのかを把握することができますね。
「詳細地域」「都市」「言語」が見れます。
 
その下の方に「このページをCSVファイルにエクスポート」っとCSVでダウンロードすることもできます!
とても親切ですね(Googleアカウントでログインしているユーザーのみ)。
ダウンロードできるCSVファイルとして「相対尺度」「固定尺度」とありますが、これは。。。?
 

「検索数の指数」の意味

グラフの中に書いてある「検索数の指数」。この意味を皆さん理解しておりますか?
上記に書かせていただいた「相対尺度」「固定尺度」との関連になりますが、
 
「検索数の指数」は、「相対尺度」,「固定尺度」の2パターンで見ることができます。
 

相対尺度

指定した期間内の平均値を1.0とする尺度で、
グラフについては、この尺度でグラフに表示されています。
 

固定尺度

ある時点(多くの場合、2004年1月)の値を1.0とした尺度で、
「このページを CSV ファイルにエクスポート」から「固定尺度の CSV ファイル」を選択することで数値が出せます。
こちらはグラフには表示されていない指数です。
 
 

 
このような情報が見れる便利なツールです!
ある程度の検索数がないとデータが表示されないため、大きな企業とならないと使えないですが、ライバル企業と検索数の比較なども可能ですね。
 
例えば下記は「Windows」と「apple」を比較してみました。

 
シェアの問題もありますが、Windowsの方が多いですね。
昨年一年間を調査しましたが、10月ころにいちどappleがWindowsを抜いている時期があります。
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられた時ですね。このように世の中の動きがわかってきます。
 
グラフの下の「ランキングの基準にするキーワード」で、指数の基準をどのキーワードにするか選択できます。
 

 
 
 
おまけですが、「Facebook」と「Google」も対決させてみましたw

 
昨年の後半から、FacebookがGoogleを抜いちゃってますね^^
 
あくまでも検索数ですが、その企業の勢いを感じることができますね^^ 
 

==========================================
現在Web解析に関するツールを開発中
下記のグループページにてモニターを募集中です。
無料なのでぜひご登録ください^^
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
==========================================
「Web解析レポート」を無料公開中です。
また、初心者にもわかりやすいアクセス解析用語集もプレゼント!
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。
https://www.facebook.com/seeds.create
==========================================

競合他社サイトの調査も重要です!

自社サイトのアクセス状況は常に気にしてみている方も多いかと思いますが、
 
普段あまり見ることが少ないと思われる、競合他社サイトの情報を見ることは事業戦略上の優位性を取得するための効果的な方法のl つです。
 
 
GoogleAnalytics 等のアクセス解析ツールから、得られる指標に基づいて、Web サイトを成功へ導こうとすることは可能です。
 
しかし、Web の進化の勢いはとても速く、競合他社の取り組みも日々進化する事を考えると、自社のサイトをのみを見ていては、対策として充分では無いはずです。
 
あなたがどのように競争相手や業界全体の流れに位置づけられているか、あなたの業界はどのようなユーザーからどのようなニーズがあるのか、しっかりと調査し、ある程度の認識を持ってWeb 解析を進めていくことが必要になります。
 
 
そこで今回は「競合他社サイト調査」方法の一例として、『DoubleClick Ad Planner』を紹介させていただきます。
 
DoubleClick Ad Planner

すでにご利用の方もいらっしゃるかと思いますが、アドプランナーは、サイトに閲するさまざまな情報を確認できる無料サービスです。
 
Google 社が提供しています。
 
自社サイトや競合サイトの現状を調査するのに最適なサービスです。もともとアドプランナーはその名のとおり、広告掲載を考えている人が出稿先を調査するために提供されているツールです。
そのため、このツールを利用すれば最適な広告出稿先を選定できます。ドメインを指定すると以下の情報を確認できます。
 
 ・ユニークユーザー数/リーチ/ページビュー数
 ・訪問者あたりの訪問回数
 ・訪問あたりの平均滞在時間
 ・性別/年代/最終学歴/世帯年収
 ・検索に使用したキーワード
 ・閲覧者が興昧を持っているもの
 ・全世界の上位のサブドメイン別ユーザー数
 ・他の利用サイト
 ・ユーザー層の興味/関心
 
http://www.google.com/adplanner/?hl=ja
 
すごいですね~ さすがGoogleですね。上記の情報をすべて無料で確認できちゃいます。
 
Googlehaこの情報をどうやって入手しているのか。。。いつの間にかいろいろな情報を把握されちゃっているのか、、、
普段のサイト閲覧履歴からいろいろ予測されちゃっているのか、、、
それにしても無料とはすごいです!
 
 
調査しても情報が閲覧できないサイトは、訪問数が少ない事が考えられます。
 
 

Web解析を通じてサイト改善を行う場合、「なぜ?」を把握できないといけない

Web解析だけでなく何でもそうかもしれませが、「なぜ?」を把握していく事が重要です。
 
なぜこのサイトにはこんなにたくさんのアクセスが集まっているのか?
数値データだけでは判断できない定性的な情報を把握できる方法は多数あります。
 

その方法を整理した、「Web解析レポート」を無料公開中です。
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。

https://www.facebook.com/seeds.create

============================================
Web解析に関する情報を、こちらで更新中!
ご不明な点があれば、ぜひこちらで情報交換しましょう^^
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
============================================