マーケティングとは?

マーケティングとは?
っとっ聞かれて、皆さんであればどのように答えますか?
 
 
私が仕事をしているインターネット上でも
「マーケティング」とつく言葉がたくさんあります。

 ・WEBマーケティング
 ・SEM(検索エンジンマーケティング)
 ・データベースマーケティング
 ・ブログマーケティング
   ・
   ・
   ・
ツールと組み合わせた言葉が
いろいろありますね。
 
 
ではそもそも「マーケティング」とは何でしょう?
 
一般にマーケティングと言うと、
「広告」の事と思ってる人や、
「市場調査(マーケットリサーチ)」のこと?っとも
思っている人もいるくらい、あいまいな形で広まっていしまっている部分もあるようです。
 
 
日本マーケティング協会の1990年の定義によると
=========================
「マーケティングとは、企業および他の組織が
グローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を
得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造の
ための総合的活動である。」
=========================
 
何だか難しいですね^^;
 
簡単に言うと「売上を上げる活動の全て」「お客様に価値を提供して対価をお役立ち料として頂く全ての行動」です。
 
 
さらに顧客と相互理解を得られないと継続した売り上げにはつながりませんね
 
 
企業活動を行うこと = 儲かり続ける仕組みを作ること = マーケティング
 
 
あなたの会社はどのようなマーケティングを行っていますか? 
 
 
私が今後のWeb上のマーケティングで重要となると考えているのは
「パーミッションマーケティング」です。

このパーミッションマーケティングについては、
下記のグループページにて書いてます!
ご興味があれば是非ご参加ください^^
 
パーミッションを得るためのWebサイト活用勉強会
 
 
 

Google Trends for Websites で競合分析

昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)では、Googleトレンドとして、検索キーワードのトレンドを調べる方法などを整理させていただきましたが、今日は「Google Trends for Websites」です。
 
 
何が違うか、、、そうなんです。その名の通り、検索キーワードでなく、あるWebサイトの訪問数のトレンドがわかってしまうツールなのです。
http://trends.google.com/websites
 

 
 
上記は勝手に旅行関係のサイトを比較させて頂いちゃいましたw
JTBさん、HISさん、じゃらんさん、Yahoo!トラベルさん

皆さん旅行関係ではありながら、サイト目的が異なるかもしれないので、一概に比較はできないかもしれませんが、
これを見ると、じゃらんさんのアクセス数が一番多いのですね!
 
 
このように、自社のサイトと競合となるであろうサイトとの比較が可能になります。
アクセス数だけでなく、地域や、キーワードも把握でき、「ふむふむ このサイトはこのキーワードの流入が多いのか!」なんてこともわかったりします。
ぜひお試しを~
 
 
Googleによると、このデータはGoogle検索データ、オプトインによる匿名のGoogle Analyticsデータ、オプトインの消費者データ、サードパーティーのマーケット調査データなどなど、複数の情報源を組み合わせて算出しているようです。
 
また、URLを入力して検索してもデータが表示されない場合があります。
その基準はトラフィックが少ないサイト、Googleにインデックスされていないサイト、品質ガイドラインを満たしていないサイト、その他の理由により表示されないようです。
 
 
昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)に引き続き、ツールの説明でしたが、これで競合分析など自社以外の調査が可能になりますね!

Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)

Googleトレンドは、検索キーワードを入力して「トレンドを検索」を押すと、そのキーワードの検索数の推移が見れる無料ツールです。
http://www.google.co.jp/trends/
 
これを使うことによって、御社のサービスがどの時期にどの程度の需要があるのか、時期によってどの程度検索数が伸びるのかも把握できちゃうんですね^^
Webを十分にビジネスに活用するためには、自社サイトの改善だけでは自己満足に終わってしまいます。
 
全く需要の無いものをサービスとしても売り上げにつながるわけがないですからね^^
下記よりダウンロードできる「Web解析の無料レポート」にも書いていますが、自社サイト以外の分析もビジネスを行う上では重要です。
https://www.facebook.com/seeds.create
 

Googleトレンドの使い方

既に使ったことある方も多いと思うので、いきなり複数の単語を調べてみましょう^^
 

 
例えば上記のように、「AKB48」、最近テニスで活躍した「錦織」選手、この時期流行する「インフルエンザ」を比べてみました。
各キーワードの間を「,」(半角カンマ)で区切ると、それぞれ個別のキーワードとして認識されます。
 
上記は、本日(2012年2月16日)から過去30日間をさかのぼって調査した結果になります。
この30日間でも結構変動がありますね。特に赤いグラフ「錦織」は、全豪テニスで活躍した時に一気に検索数が上がっています。
 
グラフの下に表示されるのは下記のような画面になります。

 
どの地域での検索巣が多いのかを把握することができますね。
「詳細地域」「都市」「言語」が見れます。
 
その下の方に「このページをCSVファイルにエクスポート」っとCSVでダウンロードすることもできます!
とても親切ですね(Googleアカウントでログインしているユーザーのみ)。
ダウンロードできるCSVファイルとして「相対尺度」「固定尺度」とありますが、これは。。。?
 

「検索数の指数」の意味

グラフの中に書いてある「検索数の指数」。この意味を皆さん理解しておりますか?
上記に書かせていただいた「相対尺度」「固定尺度」との関連になりますが、
 
「検索数の指数」は、「相対尺度」,「固定尺度」の2パターンで見ることができます。
 

相対尺度

指定した期間内の平均値を1.0とする尺度で、
グラフについては、この尺度でグラフに表示されています。
 

固定尺度

ある時点(多くの場合、2004年1月)の値を1.0とした尺度で、
「このページを CSV ファイルにエクスポート」から「固定尺度の CSV ファイル」を選択することで数値が出せます。
こちらはグラフには表示されていない指数です。
 
 

 
このような情報が見れる便利なツールです!
ある程度の検索数がないとデータが表示されないため、大きな企業とならないと使えないですが、ライバル企業と検索数の比較なども可能ですね。
 
例えば下記は「Windows」と「apple」を比較してみました。

 
シェアの問題もありますが、Windowsの方が多いですね。
昨年一年間を調査しましたが、10月ころにいちどappleがWindowsを抜いている時期があります。
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられた時ですね。このように世の中の動きがわかってきます。
 
グラフの下の「ランキングの基準にするキーワード」で、指数の基準をどのキーワードにするか選択できます。
 

 
 
 
おまけですが、「Facebook」と「Google」も対決させてみましたw

 
昨年の後半から、FacebookがGoogleを抜いちゃってますね^^
 
あくまでも検索数ですが、その企業の勢いを感じることができますね^^ 
 

==========================================
現在Web解析に関するツールを開発中
下記のグループページにてモニターを募集中です。
無料なのでぜひご登録ください^^
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
==========================================
「Web解析レポート」を無料公開中です。
また、初心者にもわかりやすいアクセス解析用語集もプレゼント!
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。
https://www.facebook.com/seeds.create
==========================================

クロスセルで購入単価アップ!

突然ですがマーケティング用語としてよく使われる「クロスセル」という言葉をご存知ですか?
 
 
「クロスセル」とは、ある商品の購入者または購入希望者に対して、
その商品に関連する別の商品あるいは組み合わせ商品などをオススメすることで、
顧客当たり購買品単価の向上を目的とした販売手法のことです。
 
何か商品を購入しようとしているまたは購入した顧客(一度お金を払った、
払おうとしたその店舗へのハードルが下がった顧客)に対して関連商品を含め提案を行うことで、
顧客にとっては必要になりそうなもの、欲しい商品やテーマを知ることができ、
販売側としては売り上げが上がるメリットがあります。
 
 

よく聞く例としては、マクドナルドなどのファーストフード店で、
「ご一緒にポテトはいかがですか?」とオススメされるアレですね。
 
それほど高価なものではないので、店員さんにオススメされて「じゃあヨロシク!」ってな感じで
購入したことある人は多いと思います。
 
私は、居酒屋などで一通り選んだものを注文した後に、「今日は○○がおいしいですよ!」なんて勧められて、
追加注文しちゃうことはしょっちゅうありますね。
 
これによって顧客当たりの購買単価が上がります。
店員さん全員がこの一言を徹底しておくことにより、どれほどの売り上げが上がるでしょうか。
 
 
マーケティングコンサルタントの1人であるジェイ・エイブラハムは、店舗の売り上げを上げるための公式として

「売上=顧客数×購買単価×購入頻度」

を唱えました。
売上を倍にしようとした時、多くの人は顧客数を倍にしようと考えますが、これだけを実施しようとすると難しいのです。
しかし、上記公式から考えると、顧客数、購買単価、購入頻度のそれぞれを30%増やすことで売り上げは倍になります!わかりやすいですね。
 
そのうちの「購買単価」を上げる方法の一つとして、クロスセルがあります。
 
上記では、リアルな店舗での例を書きましたが、Web上のECショップなどでも同じことが言えます。 
あるショップで何かを注文した後、購入完了ページに「今ならこれが安いですよ!今だけですよ。他の人も買ってますよ」なんてオススメされたら、買っちゃいそうですね。 
  
ぜひWeb上でも活用してみてください。。。。
 
 
 
っと簡単に言っても、どのようにやればよいかわからないかもしれません。
これを実施しようとすると、Webに詳しくない人は、大変な労力をかけなければ難しいと思います。
 
しかし!このブログを見ていただけた方はラッキーです^^
現在、Webの初心者でも簡単にク、ロスセルのような顧客に商品をお勧めすることができるようになるツールを構築中なんですね^^
 
今後構築したら、無料モニターを募集する予定です。
下記のグループページでモニターを募集するので、気になる方はチェックしてくださいね。
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/

==========================================
「Web解析レポート」を無料公開中です。
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。
https://www.facebook.com/seeds.create
==========================================

コンバージョン後の行動(2)ワンタイムオファー

こちらもWeb解析にも絡みつつ、一度コンバージョンに至ったにさらに有益な情報を与える方法。ワンタイムオファー
 
まず、アージェンシーマーケティングをご存じですか?アージェンシーマーケティングとは、期間限定販売、期間限定割引、一定期間毎の値上げ、数量限定販売、先着特別ボーナスなど様々な方法でオファーに緊急性を持たせて成約率をアップさせる効果的な方法として知られています。
 
その中でもワンタイムオファーと言われているものは、一度しか表示させないWebページを作成し、サイト訪問者がページを更新したり、再訪した場合には別のページが表示されるという仕組みを使って、購入するかしないか一度きりの判断を訪問者にさせる事で成約率を飛躍的にアップさせるビジネスモデルです。
 
 
ワンタイムオファーのページを更新したり閉じたりしてしまうと、そのページには再度アクセスする事ができなくなります。
訪問者は一度しか見る事の出来ないWebページでの判断を迫られるんですね。「今だけ!」っといわれると購入したくなりますよね^^

 
通常の販売サイトの成約率が数%なのに対して、ワンタイムオファーページでの成約率は20%以上という結果も出ています。
 
 
とても効果があるマーケティング手法なのですが、
あまりWebに詳しくない人にとっては、一度しか見せないページなど作るのは大変ですね。
どのように作ってよいか見当もつかないかもしれません。

また、あるコンバージョンに至った人に対して、「さらにこちらも今なら!キャンペーン中」と一押しするような形で、緊急性のあるオファーを一押しするだけでも、成約率がアップするといわれています。
 
 
そして、なぜ私がこのようなことをブログで書いたのか。
現在、Webの初心者でも簡単に緊急性のあるオファーを一押しすることができるようになるツールを構築中なんですね^^

今後構築したら、無料モニターを募集する予定です。
下記のグループページでモニターを募集するので、気になる方はチェックしてくださいね。
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/

==========================================
「Web解析レポート」を無料公開中です。
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。
https://www.facebook.com/seeds.create
==========================================