GoogleAnalyticsの利用率(2月19日)

今週も「about:HPW」さんでの調査結果がありましたので紹介します。
毎週更新されているのですね。
 
 
上場企業のWebサイト 3,802社分のうち、1,752社がGoogleAnalyticsを利用されているようです。
前回(先週)から2社増。46.0% から0.1ポイント増加して 46.1%となっておりました。
詳細は下記より。
 
http://uehama.blogspot.com/2012/02/219-google-analytics-461-01.html
 
 
上場企業の約半数がGoogleAnalyticsを利用しており、ものすごいシェアとなっております。
 
Web解析は今後重要なものとなっていくといわれておりますし、私もそのように思っております。
 
 
なぜ多くの企業でこのようなアクセス解析ツールを導入しているのかを考えると、
やはり現在のアクセス状況などを知って、その情報をもとにWebサイトの改善につなげ、Webサイトの効果アップを図りたいという企業が多いと思います。
 
 
GoogleAnalyticsをはじめとしたツールとしてどんどん進化しておりますが、
Webサイトの改善に解析につなげるためには、このようなツールでは取得できない情報があります。
 
そうなんです。アクセス解析データだけではわからない定性的な部分も把握して、サイトの改善に活かしていく必要があります。
アクセス解析ツールについては、取得できるデータの限界があるということを理解しないといけません。
 
 ・平均滞在時間の数値って・・・
 ・ページビュー(PV)は多い方が良い?
 ・離脱率の高いページをどう見る?
 ・経路分析は有効なWeb分析?
 ・訪問回数で判断できることは?  などなど
 
 
このアクセス解析データだけでは「なぜ?」の部分がわからないことが問題です。
 
「じゃあ どうすればいいの?」っと思っている方も多いと思いますが、
その疑問を解決するものとして、現在Web解析の定性分析が可能なツールを開発中です!

4月からサービスとしてお使いいただくけるように準備中ですが、それよりも早くいち早く体験頂くことも可能です!
下記のグループページにてモニターを募集中ですので、少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。
 
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/

無料PDFダウンロード