Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)

Googleトレンドは、検索キーワードを入力して「トレンドを検索」を押すと、そのキーワードの検索数の推移が見れる無料ツールです。
http://www.google.co.jp/trends/
 
これを使うことによって、御社のサービスがどの時期にどの程度の需要があるのか、時期によってどの程度検索数が伸びるのかも把握できちゃうんですね^^
Webを十分にビジネスに活用するためには、自社サイトの改善だけでは自己満足に終わってしまいます。
 
全く需要の無いものをサービスとしても売り上げにつながるわけがないですからね^^
下記よりダウンロードできる「Web解析の無料レポート」にも書いていますが、自社サイト以外の分析もビジネスを行う上では重要です。
https://www.facebook.com/seeds.create
 

Googleトレンドの使い方

既に使ったことある方も多いと思うので、いきなり複数の単語を調べてみましょう^^
 

 
例えば上記のように、「AKB48」、最近テニスで活躍した「錦織」選手、この時期流行する「インフルエンザ」を比べてみました。
各キーワードの間を「,」(半角カンマ)で区切ると、それぞれ個別のキーワードとして認識されます。
 
上記は、本日(2012年2月16日)から過去30日間をさかのぼって調査した結果になります。
この30日間でも結構変動がありますね。特に赤いグラフ「錦織」は、全豪テニスで活躍した時に一気に検索数が上がっています。
 
グラフの下に表示されるのは下記のような画面になります。

 
どの地域での検索巣が多いのかを把握することができますね。
「詳細地域」「都市」「言語」が見れます。
 
その下の方に「このページをCSVファイルにエクスポート」っとCSVでダウンロードすることもできます!
とても親切ですね(Googleアカウントでログインしているユーザーのみ)。
ダウンロードできるCSVファイルとして「相対尺度」「固定尺度」とありますが、これは。。。?
 

「検索数の指数」の意味

グラフの中に書いてある「検索数の指数」。この意味を皆さん理解しておりますか?
上記に書かせていただいた「相対尺度」「固定尺度」との関連になりますが、
 
「検索数の指数」は、「相対尺度」,「固定尺度」の2パターンで見ることができます。
 

相対尺度

指定した期間内の平均値を1.0とする尺度で、
グラフについては、この尺度でグラフに表示されています。
 

固定尺度

ある時点(多くの場合、2004年1月)の値を1.0とした尺度で、
「このページを CSV ファイルにエクスポート」から「固定尺度の CSV ファイル」を選択することで数値が出せます。
こちらはグラフには表示されていない指数です。
 
 

 
このような情報が見れる便利なツールです!
ある程度の検索数がないとデータが表示されないため、大きな企業とならないと使えないですが、ライバル企業と検索数の比較なども可能ですね。
 
例えば下記は「Windows」と「apple」を比較してみました。

 
シェアの問題もありますが、Windowsの方が多いですね。
昨年一年間を調査しましたが、10月ころにいちどappleがWindowsを抜いている時期があります。
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられた時ですね。このように世の中の動きがわかってきます。
 
グラフの下の「ランキングの基準にするキーワード」で、指数の基準をどのキーワードにするか選択できます。
 

 
 
 
おまけですが、「Facebook」と「Google」も対決させてみましたw

 
昨年の後半から、FacebookがGoogleを抜いちゃってますね^^
 
あくまでも検索数ですが、その企業の勢いを感じることができますね^^ 
 

==========================================
現在Web解析に関するツールを開発中
下記のグループページにてモニターを募集中です。
無料なのでぜひご登録ください^^
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
==========================================
「Web解析レポート」を無料公開中です。
また、初心者にもわかりやすいアクセス解析用語集もプレゼント!
ぜひ下記よりダウンロードして見て頂ければ幸いです。
https://www.facebook.com/seeds.create
==========================================

無料PDFダウンロード


1件のトラックバック

  • 2016年6月3日 11:18 AM

    […] 昨日の記事 Googleトレンドの使い方(「検索数の指数」の意味など)では、Googleトレンドとして、検索キーワードのトレンドを調べる方法などを整理させていただきましたが、今日は「G […]