どんなビジネスでも売り上げアップには「見込み客」獲得が重要

どのような仕事をしている方でも、
「自社の売り上げアップ!」は継続的な課題ですよね。

 

このページを見ている方も経営者の方、
自営業者等の方々が多く、
そのような方々は、いつもこの「売り上げアップ」を
真剣に考えていると思います。

膨大な資金力のある方は別ですが、
「広告費はなるべく抑えたい!」っと思っている方は、

まずは『見込み客』を集めませんか

==============================================
※見込み客とは?
「ターゲットとして選択した顧客層から、ある商品やサービスを購入する可能性のある具体的に的を絞った人や法人のこと」を言います。
簡単に言うと、あなたの商品を購入する可能性のある人です。
==============================================

こんな人をホームページで集められるようになったら、ビジネスが拡大・加速し、売り上げアップにすぐにつながると思いませんか?

 

では、どのように集めるのか?

その方法を、弊社のツールQgentを活用した事例紹介と合わせて開設させて頂くセミナーを開催します。

2012年9月4日 千葉県柏市にて開催いたします。

ご興味のある方ぜひ下記をご覧ください^^(参加費1,000円)

https://www.facebook.com/events/271692062930400/

CSSでグラデーション背景を自動生成!【CSS Gradient Background Maker】

CSS Gradient Background Maker
 
これまでグラデーションを表現する際は、背景画像を作って表示させる方法を使っていた人が多かったと思いますが、CSSで出来ればもう簡単!!
そして、複雑なCSSのコードを、色を入力するだけで生成できてしまうサービスがあり、これを使えば更に簡単に実装できますので紹介させて頂きます!
 
下記サイトをご確認ください!
CSS Gradient Background Maker
 
もう簡単です!下記のような画面が表示されますので、お好きな色を入力するだけ!

 
さらに2色だけのグラデーションでなく、複数の色を追加することも可能です!

 
最後に生成されるソースをCSSファイルにコピペするだけ!

 
とても簡単ですね!
今後確実に使わせて頂きます!
 
CSSについてご不明な点があれば、ホームページ制作会社 シーズ・クリエイトまでお気軽にお問い合わせください!

スマートフォンにおける検索エンジンの流入シェア

 
スマホでの展開が広がってくる中、そのサイトをどのように見てもらうかを考えるうえで気になる情報ですよね!
 
やはりスマホも検索エンジンからの誘導が、ターゲットを絞ったユーザーに見てもらうという点では、とても有効な誘導になります。
 
2012年4月でのデータになりますが、
スマートフォン全体で


Yahoo! 24.81%
Google 62.19%
その他検索エンジン 13.0%


 
圧倒的にGoogleでのシェアが多い状況ですね。
 
このような数値を考えたうえで、リスティング広告等の誘導施策を検討したいですね!
 
 
データの詳細は下記をご参照ください。
http://unimedia.co.jp/press/2012/report20120604_01.html

WordPressの投稿記事内の一括置き換えプラグイン「Search Regex」

Wordpressのプラグインは、探せばあるものですね!
 
ちょっと困ったことがあって「こんな機能追加できないかな~」何て探すと大抵あるものです。
さらにボタン一つで「検索」「インストール」。。。簡単です。
やはりWordpressはすごいですね!
 
今日紹介するのは、「Search Regex」
このプラグインは、これまで投稿した記事内の文字列の置き換えが、簡単に一括で出来てしまうのです!
 
長年ブログを更新していると、サイトをリニューアルしたくなったり、
そうすると、それまで投稿していた記事内のタグを変更したくなることが多々あると思います。
 
「一つひとつ投稿を編集しないといけないのか!?」っと思うかと思いますが、
そんな時に便利なのが「Search Regex」
一括で置き換えてしまいましょう!
  

インストール方法

その他のプラグイン同様
「プラグイン」>「新規追加」 のページで「Search Regex」っと検索!
表示される検索結果内の「Search Regex」の「今すぐインストール」をクリックすればOK 簡単ですね^^


 
インストール後有効化したらもう使えますね!

使い方

インストールも簡単であれば、使い方も簡単!
まずは、「ツール」>「Search Regex」 をクリックして、利用画面に移動!
 

 

Search pattern

 
置き換え前の文字列を入力し検索できます。
 

Replace pattern

置き換え後の文字列を入力し、上記に入力した文字列をこちらの文字列に置き換えることができます。
 

「Search」ボタン

置き換え前の文字列の含まれるデータを検索し確認
 

「Replace」ボタン

置換後のデータの確認
 

「Replace & Save」ボタン

一括置換し、そのデータを保存します。
 
※「Replace & Save」ボタンを押さない限り、データは保存されませんのでご安心ください。
 置き換えるのが不安な方は、念のためバックアップを取っておくと良いと思います。
 「ツール」>「エクスポート」を利用するか、データベースごとバックアップを取っておくと安心です。
 
 

Source

検索する場所、投稿の種類を選択します。
 ・Comment author – コメントの投稿者
 ・Comment author email – コメント投稿者のメールアドレス
 ・Comment author URL – コメント投稿者の URL
 ・Comment content – コメント
 ・Post content – 記事
 ・Post excerpt – 記事の抜粋
 ・Post meta value – カスタムフィールド
 ・Post title – 記事のタイトル
 ・Post URL – 記事の URL
 
 
 

Limit to

検索、置換の上限数を選びます
 ・Nolimit – 上限なし
 ・10 – 上限10個
 ・25 – 上限25個
 ・50 – 上限50個
 ・100 – 上限100個
 

 
 

Order By

検索の表示順を選びます
 ・Ascending – 昇順
 ・Descending – 降順
 
 
これで完了!
こんなに簡単に置き換えができてしまうなんて!
 
サイトテーマのリニューアルなどしたい時は必須のプラグインかもしれません!

複数ドメイン間でGoogleAnalyticsでアクセスを計測する際の設定

複数ドメイン間での計測って多くのサイトで必要になってきますよね!
フォームを共用SSLを使っているなど、よくあると思います。
 
そんな時に下記のGoogleの説明のページを見て設定すると、リンクの部分がどうしてもうまくいかず、、、
http://support.google.com/googleanalytics/bin/answer.py?hl=ja&answer=175538
 
そのまま設定しても、リンクできない状況になるので、忘れないようにメモします。
 
 

GoogleAnalytisの設定部分

これは、上記ページの設定どおりでOK

<script type="text/javascript">

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-X']);
  _gaq.push(['_setDomainName', 'none']);
  _gaq.push(['_setAllowLinker', true]);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

</script>

 

リンク部分

これを↓

<a href=”xxx.html”>リンクをはる</a>

 
このようにします。

<a href=”xxx.html” onclick="_gaq.push(['_link', this.href]); return false;">リンクをはる</a>

 
新しいウィンドウで開きたい場合は、

<a href=”xxx.html” onclick="_gaq.push(['_link', window.open(this.href)]); return false;">リンクをはる</a>

 
 
ご不明な点があれば、下記よりお問い合わせを~

wordpress(ワードプレス)とは?

 
ホームページを作る時、Wordpress(ワードプレス)という
言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
 
このwordpress(ワードプレス)とはなんなのか?
わからない方のために簡単に整理を
 
 
wordpress(ワードプレス)とは、世界一普及しているCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。。。
うーんいきなりアルファベット3文字で難しくなりましたねw
 
 
CMS(コンテンツマネジメントシステム)
簡単に言えば、「ホームページど素人」でも簡単に更新・管理ができるホームページってことです。
 
 
 
ブログなどの日記のような機能もあり、
 
通常のページを作る機能もあり、
 
動画や画像なども簡単に公開でき、
 
さらには「プラグイン」っといういろいろな追加機能も無料でたくさん使える優れものホームページシステムです!
 
 
1.だれでもつかえるの?
ご自身でサーバーやドメインをどうするか決めて、サーバーに「インストール」(設置)する必要がありますが、
誰でも簡単に利用することができますよ
多くのレンタルサーバーでは、設置するための説明書もあるので、簡単に使えるようになりますよ!
 
2.費用はどのくらい?
これ、、、無料なんです。wordpress(ワードプレス)のツール・システム自体は無料なんですよ!
これって素晴らしいですよね^^
 
3.更新・管理方法は?
wordpress(ワードプレス)をサーバーに設置すると、
下記のような管理画面ができますので、そこでブログ感覚に利用可能です!
 

 

4.デザインは変えられるの?
デザインの”テーマ”があれば簡単です。
無料から有料まで様々な”テーマ”があります。
インストールすれば簡単ですね。
 
しかし本当にカッコいいものにするためには、
ある程度専門家に聞かないと難しい部分もありますよ
その際はお気軽にお問い合わせください^^
 
 
WordPressはSEOにも強いからスゴイんです。
下記のように、SEOにとても向いている!っとGoogleの検索エンジン担当者も認めているほど!
 
===============================
WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)
===============================
 
これはもうWordpressを使う以外考えられないですね^^
 
お問い合わせは下記より

リストマーケティングとは?

「リストマーケティングって何?」っと言う方ぜひご覧ください。


 

ビジネスを継続的に成功させたいのであれば
顧客リストを獲得するシステムを確立しよう! 

 

これができればビジネスがうまくいくことは
間違いないと思いませんか?

成功しているビジネスには共通した
「ある流れ」があるんです。

 

その「流れ」とは簡単に言えば、属性が合ったリストに
何度もオファーをかけているということです。

 

ここでいうリストとは、パーミッションが得られた御社の見込客のことです。
Webサイトに訪れたターゲット・潜在顧客のうち、
例えばメルマガ等に登録してくれた人のことをいいます。

 

御社の商品に興味を示してくれた見込客に
メールを送ることにより何度も接点を持ち、
コミュニケーションをとるということですね。

 

化粧品などの販売でも、まずは「お試し無料セット」があって、
送ってもらったことがある人は多いと思います。
これでリストを集めてるんですね。

そのリストは、美容などに興味のある方であるのは、
ほぼ間違いないと思います。

その興味を持っているリストにアプローチした方が、
「化粧品に興味があるかどうかわからない」というリストに
アプローチするよりも購入率が高くなるのは
明らかですよね。

このように属性の合った見込み客を集め、リストとすることが成功のカギなのです。

 

属性を意識して集客し、見込み客とすることによって
トータルの費用対効果の高い広告を実施可能になります。

「こんなのは大企業がやる戦略でしょ」っと思っている方は多いのではないですか?

 

電子メールなどは、ほぼ無料で送ることはできますし、
ターゲットをサイトに集客することも、SEOなどを駆使して、
検索エンジンからコストを抑えて実施することができるんです。

 

っというか、このリストマーケティングこそ
中小企業でもコストをかけずに実施できる
インターネットを活用したマーケティングの代表格なんですよ。

 

御社でも、サイトに訪れたターゲットユーザーに、
ユーザーにとってメリットとなるものを無料で配ってみていかがですか?リストマーケティングを実施してみるんです!

 

御社に興味のある方のリストができるんですよ^^

 

なんとなくわかったけど
「難しそうだなー」っと言う方!いつでもご相談承ります。

弊社では、見込み客を集めるシステムを
ゼロから構築することも可能です!

 
ぜひお問い合わせください!
0120-716-612
(平日9:00~18:00) 

↓お急ぎの方は↓
080-5476-3676(24時間対応)

【企業のWeb担当者様へ】効果的なサイト管理・改善の方法

サイトを日々改善していますか?
ひとりよがりのWebサイト改善は効果がありませんよ。
 
これまで私もこのことに気づきませんでした。
私もアクセス解析の数値を見て、仮説を作ってサイトの改善をしていたんです。
 

 
==================================================================
 
Facebookのグループページを「パーミッションを得るためのWebサイト活用勉強会」に変更しました。
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
 
これまでは?っというと
「Webサイト改善実践会」という名称でしたが、
 
ただ単に「改善」といっても
ほとんどの人が、自分中心の”変更”になってしまっていて、
自分のための”変更”であれば、”改善”とは言わない
 
ユーザーの方々がいてこそのWebサイトなので、
その方々に求められるWebサイトとする必要があるのですね。
 
 
求められるサイトとはどのような形か?
これはなかなか把握しにくいところですが、
ユーザーからパーミッションを得て、
良好な関係が気づけているサイトは
それができるようになるんですよ^^
 
 
パーミッションを得ることが重要ですね

パーミッションとは?
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/

Qgent導入デモ (ECサイトでの活用イメージ)

Qgentの使い方をわかりやすくイメージしていただくために、デモサイトを作ってみました。
 
ECサイトでの導入イメージです。
http://qgent.jp/demo_qgent/demo-site01/
 

 
Qgentを利用した施策としては、
・離脱を思いとどまらせる
・メルマガ登録へ誘導
・クロスセルで購買単価アップ
 
を実施してます。
 
1つのサイトでもいろいろな使い方があります。
これだけやれば、ほぼ確実にサイトの効率がアップしますね。 
 
ECサイトに、とても気が利く24時間働く店員さんを雇ったイメージです!
 

ぜひ下記ページでデモサイトをご覧ください。
http://qgent.jp/demo_qgent/demo-site01/

IEのJavascriptエラー

自分で制作したサイトをIEで確認していたら、

「HTML Parsing Error: Unable to modify the parent container element before the child element is closed (KB927917)」
のようなJavascriptエラーが出てた!
そしてエラーが出てしまうだけでなく、IE7ではサイト自体表示できないとのエラーメッセージ。。。これは致命的。
 
このエラー原因はというと、「div」で囲んだ中にJavascriptを書いていると現れるエラーのようです。
 
そのため、何とかdivの外側にjavascriptを出したら、エラーは表示されなくなりました。
 
メデタシメデタシ