◆『「更新頻度」の検索順位アップ・アクセスアップとの関係は?』

今週もはじまりましたね。
 
今日がもう8月12日ということで
 
今日から(先週の土曜日から)
お盆休みに入られた方も
多いのではないでしょうか?
 
海や山に遊びに
実家にお墓参りに
 
などなど、
 
行事が盛りだくさん
ですね!
 
 
休みなんだから、
仕事も何もかも
休みたい~ なんて思っていませんか?
 
 
私もそう思ってますし、
たくさんの人がそう思っていると思います。
 
 
そして仕事に
メリハリを
つける意味でも
休みは重要ですね!
 
 
しかし私は続けます。
メルマガと“ブログ”です。
 
 
ブログを多くの人に
見てもらうための
施策として重要なのは。。。
 
SEOですよね!
 
検索エンジンにヒット
させるためのSEOです。
 
 
SEOの効果を
継続的に得るためには、
更新頻度が重要です。
 
 
これ、
いろいろなSEOに関する
情報ページで見たことがある
かもしれません。。。
 
 
んで、どれくらい重要なの?
っと言うことですが、
 
これはどのくらい
アクセスが増えるか?
 
ってことを知れれば
良いかと思います。
 
 
私のブログでは、
実際にこのメルマガをはじめて
メルマガと同じ内容ですが
ブログを毎日更新するようになって、、
 
 
毎日ブログ更新開始から
1週間ほど経った7月29日から2週間と
それ以前の2週間を比較すると、
約18.41%の訪問数アップです!
(下図参照)
20130812
 
 
これは、更新頻度が上がっていることと、
サイト内のページ・キーワード数がアップ
していることが要因でありますが、
 
継続的に更新をしていくとこのような
こうかが数週間で得られ、
更に数値で実感できるので面白いですよね!
 
 
これは
 
効果的なキーワードを
 
ブログのタイトルに入れたり、
 
ブログの書き方にも
 
いろいろコツがありますが、
 
それは追々
 
書いて行きますね。
 
 
ブログの書き方に加え
 
そのアクセスを効果的に
分析するアクセス解析
の見方なども重要です。
 
 
このような点も
今後メルマガで書いて
行き、皆様のWebの活用の
お役に立てればと
思っております
 
 
 
ひとまず今日は、
毎日ブログを書いて3週間で
訪問数約18%アップ!
 
こんな実績が得られてました!
 
更に引き続きデータを取って
 
どんな効果があるか、
これもメルマガで随時
公開していきますので、
楽しみにしててください!
 
 
================================
今後メルマガでWeb集客やマーケティングの
情報など、いち早くお知らせしていきます!
そのメルマガ登録はこちらですよ。
http://tsunoda.biz/mailmag/
================================

複数ドメイン間でGoogleAnalyticsでアクセスを計測する際の設定

複数ドメイン間での計測って多くのサイトで必要になってきますよね!
フォームを共用SSLを使っているなど、よくあると思います。
 
そんな時に下記のGoogleの説明のページを見て設定すると、リンクの部分がどうしてもうまくいかず、、、
http://support.google.com/googleanalytics/bin/answer.py?hl=ja&answer=175538
 
そのまま設定しても、リンクできない状況になるので、忘れないようにメモします。
 
 

GoogleAnalytisの設定部分

これは、上記ページの設定どおりでOK

<script type="text/javascript">

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-X']);
  _gaq.push(['_setDomainName', 'none']);
  _gaq.push(['_setAllowLinker', true]);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

</script>

 

リンク部分

これを↓

<a href=”xxx.html”>リンクをはる</a>

 
このようにします。

<a href=”xxx.html” onclick="_gaq.push(['_link', this.href]); return false;">リンクをはる</a>

 
新しいウィンドウで開きたい場合は、

<a href=”xxx.html” onclick="_gaq.push(['_link', window.open(this.href)]); return false;">リンクをはる</a>

 
 
ご不明な点があれば、下記よりお問い合わせを~

【リスティング広告を実施する予算が無い方へ】SEOでもターゲットを連れて来れます。

昨日の【ターゲットへのアプローチ方法がわからない方へ】ターゲットを連れてくる方法という記事の中で
 
ターゲットを効果的にあなたのサイトへ誘導する方法を紹介いたしました。
 
その方法は、リスティング広告
本当に効果的なんですよね。
検索キーワードから、その人がどのようなことを思っているかわかってしまいますからね^^
 
 
リスティング広告を実施しましょう!
っと書くのは、本当に簡単ですが、
 
「よし!では、やってみよう!」っとできない人も多いかと思います。
 
 
それは広告だからある程度予算が無いと難しいですよね。
少なくとも月額10~20万円程度は欲しいところです。
。。。
 
「それではターゲットにアプローチできない」っと諦める前に!もう一つ方法がありますね。
 
効果的に検索エンジンからアクセスを集める方法!「SEO(検索エンジン最適化)」ですね。
 
 
リスティング広告が「広告」であるのに対し、SEOは広告でなく費用が掛からずに検索結果の上位に表示させるようにする事です。
このSEOでの上位表示は本当に効果的!
目的のキーワードで上位表示されていれば、多くの人にブランディング(「その分野での専門なんだ~」って思ってもらえる) もできますし。
1位に表示されれば、誘導の効果は広告の数倍以上です!
 
 
しかしそんなに簡単に上位表示されるもんではありません。
最近では、どのキーワードでもSEOの難易度が増しており、
しっかりとページ数のある有益なサイトを定期的に更新していかないと、
上位表示は難しいのです。
 
 
そんな中、どのようにサイトを構築したらよいと思いますか?
 
簡単に構築出来、更新ができるツールがあるのです。
私もこのブログがそうなのですが、「Wordpress」を使うと良いのです。
 
 
サイトの構築においてWordpressというツールは
SEOにとても向いている!っとGoogleの検索エンジン担当者も認めているほど!
(英語ですが下記をご確認ください。「WordCamp San Francisco 2009でのGoogle Matt Cutts氏(Head of webspam team)講演”Straight from Google: What You Need to Know”のプレゼンテーション資料より。」ちょっと横が切れてしまってますが。。。)
 

 
 
 
Wordpressでサイトを作るだけではダメです。定期的な更新が必要ですね!
(なので、私も最近毎日更新していますw)
 
 
このようにWordpressでサイトを構築し、定期的に更新していけば、目的のキーワードでのサイトへの誘導が図れるようになるのです!しかも無料のSEOで!
 
 
そんなWordpressでのサイト構築も含めた、見込み客獲得システムの構築サービスを始めます!
弊社でしかできないツールも使ってます!
 


 
モニター募集中です!
当サービスは、売り込むようなセールスをしなくてもよい仕組みを作る!
見込み客を効果的に集めるサービスです。
 
Wordpressでブログをつくって、
 ↓
SEO・リスティング広告などで潜在顧客(ターゲット)を誘導
 ↓
効果的に見込み客にするために、メルマガに誘導!
 ↓
ここまでお手伝いすれば
その後「見込み客」とメルマガ配信などで
コミュニケーションを取って、
「新規顧客」に変えていくだけで、利益増大できますね!
 
 
ご興味のある方!
「モニター」は
ブログ構築 + メルマガシステムの利用 + メルマガに誘導するQgentの利用がべて無料で対応いたします。
 
ご興味のある方は、ぜひ下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいね^^
おまちしております。
http://seeds-create.co.jp/contact/

Qgent導入デモ (ECサイトでの活用イメージ)

Qgentの使い方をわかりやすくイメージしていただくために、デモサイトを作ってみました。
 
ECサイトでの導入イメージです。
http://qgent.jp/demo_qgent/demo-site01/
 

 
Qgentを利用した施策としては、
・離脱を思いとどまらせる
・メルマガ登録へ誘導
・クロスセルで購買単価アップ
 
を実施してます。
 
1つのサイトでもいろいろな使い方があります。
これだけやれば、ほぼ確実にサイトの効率がアップしますね。 
 
ECサイトに、とても気が利く24時間働く店員さんを雇ったイメージです!
 

ぜひ下記ページでデモサイトをご覧ください。
http://qgent.jp/demo_qgent/demo-site01/

「Markezine」の記事にも!!定性分析が有効ですって^^

最近、あのMarkezineさんでも、こんな記事が書かれてました!
解析から導きだした仮説だけでは足りない─成果につながるWebデザイン

 
これはまさに私がこれまで言ってきたことです!ぜひ読んでみてください。

 

平均滞在時間の数値って・・・
ページビュー(PV)は多い方が良い?
離脱率の高いページをどう見る?
経路分析は有効なWeb分析?
訪問回数で判断できることは? などなど

 

「Markezine」の記事の中には、

> そんな時は定性データ、つまりユーザーの感性データを収集することが有効です。

なんてことも書かれています。これって「Qgent」で解決可能ですよね。
Qgentとは → http://qgent.jp/
 
やはり弊社が開発したQgentは良いツールなのだと再確認しています。
そんな良いツールを早く多くの人に伝えたい!
 
 
そのためには私一人の力では、難しい部分がたくさんあります。
たくさんの方の力をお借りしたい。

株式会社シーズクリエイトでは、ビジネスパートナーの方募集中です。
詳細は下記をご確認ください。

http://seeds-create.co.jp/recruit/

【Qgent】陶芸教室有楽斎様(結婚両親プレゼントサイト)でのご活用例

導入前: 2日に1件ほどの申し込み
 ↓
導入後: 2日で4件のお申し込みGET
 
 
Qgentをご利用頂いております陶芸教室有楽斎様(結婚両親プレゼントサイト:http://bridal-tougei.jp/)での例を紹介させて頂きます。
 
ご導入頂いているサイトは、結婚式にて、ご両親に感謝の気持ちを手作りの陶芸器にしてプレゼントするサービスを実施しているサイトです。
「結婚式 両親 プレゼント」のキーワードでSEOでも上位表示されているように、ホームページ上の集客施策などは積極的に行っておりました。
 
しかし最近ライバルの陶芸教室も同じようなサービスを始めるところが多くなり、サイトへの申し込み・お問い合わせが以前ほどよい状況ではなくなってきていたため、申し込み・お問い合わせ数アップにつながる施策に悩んでおられました。
 
そんなお悩みをお持ちの陶芸教室有楽斎のご担当者様に提案させて頂きQgentを導入。
離脱しそうな人に、メッセージを見せてお問い合わせフォームなどに誘導するのでは、なかなか効果が得られないと思い、離脱率が低く、多くの人が申し込みの際に参考とすると思われる「お客様の声」ページへの誘導を促すように設定いたしました。
 

 
上記のように設定をすると、それまで2日に1件ほどのお申し込みがあれば良い方であった申し込み者数が、
 
導入直後の2日間で4件のお問い合わせが得られました!
その後継続的に効果を計測していく必要がありますが、
顧客単価2万円ほどのサービスであるため、4件で約8万円の効果!
 
月額費用5万円のQgent。高い費用対効果が得られました。
 
継続的に計測・データを取得して、高い費用対効果が得られた事例として今後紹介させて頂きたいと思います。
 

http://bridal-tougei.jp/

Flashに重なってしまい隠れるのを防ぐ([Youtube]iframe編)

lightboxなどの浮き上がる拡大画像や、
 
弊社のQgent等の表示の場合、Flashなどのイメージと重なってしまい、表示が隠れてしまうことが多々あると思います。
Youtubeの動画も同じ!
 
そんなときのYoutubeの動画をiframeで貼りつけた際の、重なりの回避方法を紹介!

解決方法

貼り付け用iframeタグののURLに ?wmode=transparent を追加するだけです
 
例)

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/l9PyFcNvhog?wmode=transparent" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 
上記のようにするだけ!!簡単ですね。
 
下記のように解決できます!