プリントスクリーンで印刷されないようにする方法

どうにもこうにも困ってしまったので、他にも困った人がいるかと思いメモさせていただきます^^
ホントに、ニントモカントモでした。。。ニンニン
=========================================================
 
最近新しいパソコンにお引越ししたんです。
 
4年ぶりにパソコンを変えたのですが、新しいパソコンは結構使い心地良くていい感じ^^
 
 
だったのですが、よく使うプリントスクリーン(画面キャプチャ)※の機能で、今まではボタンを押すとクリップボードにコピーされるだけだったのですが、なぜかある日突然ボタンを押すと勝手にプリンターから印刷されるようになってしまいました^^;
 
※プリントスクリーンとは
キーボードの右上の方に「Prt Scrn」や「Prt Sc」あるいは、「Print Screen」とあるボタンを押すだけで、その時の画面を画像として保存・印刷できるもの
 
 
これでは、紙がいくらあっても足らず、この解消方法を検索して探したのですが、なかなか見つからず。。。
 
ようやく解消方法を見つけたので、整理いたします。
 
 
画面右下の下図の部分をクリックして、「画面ハードコピー」というのが表示されるので、そこをクリックしてください。

 
そうすると下記のような画面が表示されるので、「出力先」を『出力しない』に変更した「OK」をクリック

 
 
これだけでOKです。
なんなんでしょう。。。いつの間に設定してしまったのかはわかりませんが、これでプリントスクリーンで勝手に印刷されないようになり、これまで通り、クリップボードにコピーされるようになりました。
 
 
めでたしめでたし
 

【Ajax】本をめくるような効果が簡単に作れる『Moleskine Notebook with jQuery Booklet』

Flashを使わなくても簡単に本をめくるような効果が得られるAjax。

本・パンフレットをめくるような見せ方でサイトに表示させたいというご要望を頂きますが、やはりFlashを使ったりするとその制作費に結構な金額がかかってしまいます。
そこで思ったのが、Flashを使わずにそのような効果が得られないかということで、検索して探しました!
 
そうすると結構早く「Moleskine Notebook with jQuery Booklet」というjQueryを利用したツールを発見!
Flashでないので、Flash制作程の手間がかからない!っというか、設置は簡単!
下記の設置方法をご参考にして頂ければと思います。
 
【Ajax】本をめくるような効果が簡単に作れる『Moleskine Notebook with jQuery Booklet』
 
【1.ダウンロード】
まずは下記ページより、「DOWNLOAD」ボタンをクリックして、必要ファイルファイルをダウンロードします。
http://tympanus.net/codrops/2010/12/14/moleskine-notebook/
 
【2.タグ内の設定】
下記のタグを「タグ内」設置します。

 
<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.4.4.min.js"></script>
<script src="booklet/jquery.easing.1.3.js" type="text/javascript"></script>
<script src="booklet/jquery.booklet.1.1.0.min.js" type="text/javascript"></script>

<link href="booklet/jquery.booklet.1.1.0.css" type="text/css" rel="stylesheet" media="screen" />
<link rel="stylesheet" href="css/style.css" type="text/css" media="screen"/>

<script src="cufon/cufon-yui.js" type="text/javascript"></script>
<script src="cufon/ChunkFive_400.font.js" type="text/javascript"></script>
<script src="cufon/Note_this_400.font.js" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript">
	Cufon.replace('h1,p,.b-counter');
	Cufon.replace('.book_wrapper a', {hover:true});
	Cufon.replace('.title', {textShadow: '1px 1px #C59471', fontFamily:'ChunkFive'});
	Cufon.replace('.reference a', {textShadow: '1px 1px #C59471', fontFamily:'ChunkFive'});
	Cufon.replace('.loading', {textShadow: '1px 1px #000', fontFamily:'ChunkFive'});
</script>

【3.タグ内の設定】
下記のタグを「タグの直前」設置します。

 
<script type="text/javascript">
	$(function() {
		var $mybook 		= $('#mybook');
		var $bttn_next		= $('#next_page_button');
		var $bttn_prev		= $('#prev_page_button');
		var $loading		= $('#loading');
		var $mybook_images	= $mybook.find('img');
		var cnt_images		= $mybook_images.length;
		var loaded			= 0;
		//preload all the images in the book,
		//and then call the booklet plugin
			$mybook_images.each(function(){
			var $img 	= $(this);
			var source	= $img.attr('src');
			$('').load(function(){
				++loaded;
				if(loaded == cnt_images){
					$loading.hide();
					$bttn_next.show();
					$bttn_prev.show();
					$mybook.show().booklet({
						name:               null,                            // name of the booklet to display in the document title bar
						width:              800,                             // container width
						height:             500,                             // container height
						speed:              600,                             // speed of the transition between pages
						direction:          'LTR',                           // direction of the overall content organization, default LTR, left to right, can be RTL for languages which read right to left
						startingPage:       0,                               // index of the first page to be displayed
						easing:             'easeInOutQuad',                 // easing method for complete transition
						easeIn:             'easeInQuad',                    // easing method for first half of transition
						easeOut:            'easeOutQuad',                   // easing method for second half of transition
						closed:             true,                           // start with the book "closed", will add empty pages to beginning and end of book
						closedFrontTitle:   null,                            // used with "closed", "menu" and "pageSelector", determines title of blank starting page
						closedFrontChapter: null,                            // used with "closed", "menu" and "chapterSelector", determines chapter name of blank starting page
						closedBackTitle:    null,                            // used with "closed", "menu" and "pageSelector", determines chapter name of blank ending page
						closedBackChapter:  null,                            // used with "closed", "menu" and "chapterSelector", determines chapter name of blank ending page
						covers:             false,                           // used with  "closed", makes first and last pages into covers, without page numbers (if enabled)
						pagePadding:        10,                              // padding for each page wrapper
						pageNumbers:        true,                            // display page numbers on each page
						hovers:             false,                            // enables preview pageturn hover animation, shows a small preview of previous or next page on hover
						overlays:           false,                            // enables navigation using a page sized overlay, when enabled links inside the content will not be clickable
						tabs:               false,                           // adds tabs along the top of the pages
						tabWidth:           60,                              // set the width of the tabs
						tabHeight:          20,                              // set the height of the tabs
						arrows:             false,                           // adds arrows overlayed over the book edges
						cursor:             'pointer',                       // cursor css setting for side bar areas
						hash:               false,                           // enables navigation using a hash string, ex: #/page/1 for page 1, will affect all booklets with 'hash' enabled
						keyboard:           true,                            // enables navigation with arrow keys (left: previous, right: next)
						next:               $bttn_next,          			// selector for element to use as click trigger for next page
						prev:               $bttn_prev,          			// selector for element to use as click trigger for previous page

						menu:               null,                            // selector for element to use as the menu area, required for 'pageSelector'
						pageSelector:       false,                           // enables navigation with a dropdown menu of pages, requires 'menu'
						chapterSelector:    false,                           // enables navigation with a dropdown menu of chapters, determined by the "rel" attribute, requires 'menu'
						shadows:            true,                            // display shadows on page animations
						shadowTopFwdWidth:  166,                             // shadow width for top forward anim
						shadowTopBackWidth: 166,                             // shadow width for top back anim
						shadowBtmWidth:     50,                              // shadow width for bottom shadow
						before:             function(){},                    // callback invoked before each page turn animation
						after:              function(){}                     // callback invoked after each page turn animation
					});
					Cufon.refresh();
				}
			}).attr('src',source);
		});
		
	});
</script>

 
【4.本の表示部分のソース】
本を設置させたい部分に下記のタグを設置します。

 
<div class="book_wrapper">
<a id="next_page_button">Loading pages...</div>
<div id="mybook" style="display:none;">
<div class="b-load">

<div>
<img src="images/1.jpg" alt=""/>
<h1>Slider Gallery</h1>
<p>This tutorial is about creating a creative gallery...</p>
<a href="#" class="article">Article</a>
<a href="#" class="demo">Demo</a>
</div>

<div>
...
</div>
</div>
</div>
</div>

 
上記タグの6行目から12行目を、同じ要領で繰り返し書き込めば、ページ数が増えていきます。
 
今回はこちらの抽象画家小屋哲雄様のサイトに設置させて頂きました。

メール送信のタイミングを調整する Thunderbirdアドオン「Send Later」

私は、メールソフトに「Thunderbird」を利用している。
OutlookExpress」や無料のメールソフト「Edmax」などいろいろ使ってみたが、安定しており機能も充実しているからだ。

日頃仕事をしていると作業が終わるのが夜遅くなり、その終わったタイミングでメールを送信すると、先方に迷惑がかかってしまうのではないかと考える事が多々あり、そのような時は夜メールを作り朝になってから送信するようにしている。
迷惑がかかってしまうと考えるのは、携帯のメールアドレスなどに送信する時や(これはあまりない)、その方の会社のメールアドレスが個人の携帯に転送されている事が分かっている時(これはよくある)など。
さらに夜遅くメールすることにより「そんなに遅くまで仕事をさせてしまい悪いことしたかな」なんて思ってくれる心やさしい方の場合、逆に気を使ってしまうのである。
(夜遅くまで確実に仕事をしている夜型人間の方にメールを送るのはそれほど気を使わないw)

そんな時に役立つのがThunderbirdのアドオン「Send Later」
これを使えば、パソコンの電源が付いていてThunderbirdを起動させておけば、予約した時刻にメールを送ってくれる。
使い方は簡単!

(1)まずはアドオンを入手する。
下記のページからダウンロードする。
https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/send-later-3/

(2)ダウンロードしたファイルをクリックしてインストール

(3)これでもう使えちゃう
作成したメールのメニューバーの「ファイル」から「後で送信」をクリック

下記の様なウィンドウが現れます。

送信したい日時を設定し「Send Later at specified time」をクリックすると、その設定した送信時間が来るまでメッセージは”下書き”フォルダに保管されます、そしてセットした時間が来れば自動的に送信作業を行い、送信メッセージは送信済みフォルダに移動される。
※注意:当然ながら、設定時刻にThunderbirdが起動した状態であり、かつインターネットに接続されている必要がある。

Send Later at specified time → 特定時間にメール送信
15 mins later → 15分後にメール送信
30 mins later → 30分後にメール送信
2 hours later → 2時間後にメール送信

Passthrough to Send Later → 自動送信はしない。