Amazonはパーミッションマーケティングを活用

パーミッションマーケティングとは?
従来のマスマーケティング(インタラプションマーケティング:邪魔・土足マーケティング)はただ、ひたすら多額の広告費をかけて繰り返し、消費者のジャマをし、あげくの果てにレスポンスが数%なのに対し、パーミションマーケティングとは、顧客や消費者の許可を得て行うマーケティング活動。あらかじめ承認を受けた顧客や消費者に対してのみ勧誘や販売をするため、パーミション(承認)を得られれば、消費者から「期待され」、その消費者にとって「適切で」かつ「パーソナル」なメッセージを送り続ける事が出来、それが商品購入へと繋がり、パーミションをさらに高い次元へと高めていけるわけです。

レスポンス率が高く強引さを感じさせないという特徴があり、企業と顧客の間に長期的な友好関係を築くのに有効な手法です。

インターネットの普及した現代、この考え方は、ネット時代のマーケティング基本手法といえるでしょう。

現在このパーミッションマーケティングの手法をうまく利用して売り上げを伸ばしている企業の一つにAmazonがあります。いままでの購入履歴などから、興味のありそうな情報がメールで配信されてきますよね。
これがパーミッションマーケティングです。
 

ユーザーの趣味・興味などを把握するためのシステムを構築し、実行する手間などを考えると、どのくらいかかると思いますか?100万、200万円では、恐らく全く手の届かないシステムになるはずです。1,000万円とそれ以上に手間もかかります。

このAmazonなどの大企業が実践して売り上げを伸ばしているこのパーミッションマーケティングを、「Qgent」を利用することであなたの会社でも簡単に実践可能になります。
 
==============================================
 
「Qgent」ってなに?という方!Web解析・改善から売り上げアップにつなげるための
パーミッションマーケティング専用ツールです!

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ下記グループページにご参加を!
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
 

無料PDFダウンロード