【講義】ピーマンの特徴

DVC00166.jpg

ピーマン ナス科 南米ペルー
高温性
発芽温度 最低16℃ 最適は30-35℃、生育25℃、15℃で生育は止まる。
開花時18-20℃ 35℃以上は着果率が低下。
自家受粉を主とするが、自然交雑も多く、雑種になり易い。
 
辛味成分キャプサイシン含有量の多いものから大果種のように含有しないものもある。有限花序着花して芯止まり、着花部で2本に分枝する。
 
保水性の土壌が良い。土壌酸度は幅が広い

愛宕ふれあい農園

無料PDFダウンロード


コメントを残す




添付画像は、JPEG形式でお願いします。