【講義】野生種の味、栽培種の味

DVC00165.jpg

山ウド
あくが強い
無機塩類 カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム⇒体内でアルカリ成分となる
保険栄養的には大切。量が多いと あく、しぶみ⇒不快

山菜
あくが強く特有の風味⇒万人に好まれるよう無機塩類含量の少ない種類を淘汰してきた。⇒今日の野菜
 
あくの少ない方を好む
江戸時代に軟化「冬より根の上にワラ、芥を深く掩のバ白茎クメ可食」⇒大和本草
 
間束
根深ネギ、ウド、ミツバの軟化栽培
サラダより悪の少ないレタス

愛宕ふれあい農園

無料PDFダウンロード


コメントを残す




添付画像は、JPEG形式でお願いします。