【講義】光の強さと同化量

DVC00116.jpg

同化とは
(名)スル
(1)本来異なる性質や考え方が同じものになること。⇔異化 「その社会に―する」
(2)外から得た知識などを理解して自分のものとすること。
(3)生物体が外界から摂取した物質に特定の化学変化を加え、その生物に固有あるいは必要な物質を作り出すこと。同化作用。アナボリズム。⇔異化
(4)マグマが周囲の岩石や外来物質を取り込み、一つのものに混合すること。同化作用。
(5)〔言〕 ある音素が隣接する音素に影響されてそれと同じ、または似た性質のものに変化すること。エビス(ebisu)の i が先行する e と等しくなってエベス(ebesu)となる類。⇔異化

三省堂 大辞林より
 

品目 飽和照度(万ルクス) 同化量(mg)
サトイモ 8 16
トマト 7 10
サツマイモ 5 10
エダマメ 6 10
ピーマン 4 13
カボチャ 4 7
トウモロコシ 3 8
レタス 3 7
ニンジン 3 7
ダイコン 3 7

愛宕ふれあい農園

無料PDFダウンロード


コメントを残す




添付画像は、JPEG形式でお願いします。