【講義】トマトの特徴

DVC00177.jpg

トマト ナス科 南アメリカ アンデス原産

生育適温 昼間25-30℃、夜間10℃-15℃、30℃を超えると徒長的な発育。結実・肥大が悪く、品質低下。
生育の最低温度5-10℃、凍霜害は1℃以下。
生育適温は幼植物は高く、発育するに従って低く。
高温では生育が早く開花期も早くなるが、花が小さくなる。
光は最低3万lx(ルクス)以上必要。土壌水分があれば乾燥気候が良い。
排水のよい土壌、過湿に弱い。土壌酸度は弱酸性。低いと苦土欠乏。高いと鉄、石灰欠乏。

無料PDFダウンロード


コメントを残す




添付画像は、JPEG形式でお願いします。