【Qgentの使い方(6)】パーミッションマーケティングに活用し、潜在顧客を顧客に育てる!

「パーミッションマーケティング」はもうご存知ですね。このブログや実際のQgentのサイトなどに書かせて頂いております。

http://qgent.jp/about/
 
 

「パーミッションマーケティング」はレスポンス率が高く強引さを感じさせないという特徴があり、企業と顧客の間に長期的な友好関係を築くのに有効な手法です。この考え方は、インターネットが多く普及した現代において、ネット時代のマーケティング基本手法といえるでしょう。

 

現在このパーミッションマーケティングの手法をうまく利用して売り上げを伸ばしている企業の一つにアマゾンがあります。いままでの購入履歴などから、興味のありそうな情報がメールで配信されてきますよね。
これがパーミッションマーケティングです。

 
 

いま普通に御社のサイトを見ている方はどのような方かご存知ですか?

 
通常のサイトでは、ユーザーがサイトに訪れてから離脱するまで、そのぐらい長い時間いたとしても、
こちらからそのユーザーにアプローチすることはできません。
これほどもったいないことがあるでしょうか?
 
せっかく御社に興味を持ってサイトを見てくれているのに、そのまま帰してしまうなんて、、、
 

上記のような方法があります。
レポートダウンロードというインセンティブを与えます。
実際にレポートダウンロードする際には、Facebookページに移動して「いいね」を押さないとダウンロードできなかったりします。
 
そこで「いいね!」を押していただければ、今後こちらからの情報を見てもらえるということですね。
「パーミッションを得られた」ことになります。

その御社に興味を持ってくれたユーザーに、こちらからアプローチして、今後こちらからの連絡を送ってもよいパーミッション(許諾)を得る。その方法は、メールアドレスを教えてもらう(メルマガ登録等)でも良いですし、御社のコミュニティへの登録、または手軽なところでFacebookページの「いいね!」を押してもらうだけでも良いのです。

下記のイメージでは、メールアドレス登録をしてもらってます。
メールアドレス取得後、こちらからの情報配信をもとに、潜在顧客から顧客へと育てていうことが可能です。
 

 
パーミッション(許諾)が得られれば、そのユーザーに期待されながら、こちらからの情報を見てもらうことができるようになるのです。御社にまだ興味のない人にも見られてしまうようなばらまきの広告とはわけが違います。レスポンスの率が高いので、効果的な広告戦略が可能となります。
 
ユーザーからの期待が得られれば、徐々に顧客と育てていくことは容易になるでしょう。
 
そのパーミッション(許諾)を得るために最初にこちらからアプローチする方法として、この「Qgent」が最適なのです!!
 http://qgent.jp/about/

================================================ 
弊社のサービス「Qgent」!2012年4月からサービスとして開始いたします。 
 
「Qgent」ってなに?という方!Web解析・改善から売り上げアップにつなげるための
パーミッションマーケティング専用ツールです!

さらに詳しく知りたい方は、ぜひ下記グループページにご参加を!
https://www.facebook.com/groups/webanaylst/
================================================

無料PDFダウンロード