「パーミッションマーケティング」と「One to Oneマーケティング」の違い

「One to Oneマーケティング」は、顧客への販売から始まり、その販売を最大化させることが目的です。
 
それとは類似しているといわれている、
 
「パーミッションマーケティング」は、まず同意を得るための、見知らぬ人への接触から始まります。
見知らぬ人を友達に、友達を顧客にするマーケティングです。
 
「パーミッションマーケティング」は、「One to Oneマーケティング」を一つ進化させたマーケティングですね。
 
 
パーミッション・マーケティングは、
顧客の信用と親しみを徐々に増していくサイクルであり、
通常は短いサイクルでしかない“パーミッション”を
継続的に得るために繰り返し行うプロセスです。
 
そんなパーミッション・マーケティングを実践するうえでの課題に、
「実行手段(ツール)」
「費用対効果」
「最初のパーミッションはどのように得るか?」
などがあると言われています。
  
最初のパーミッションを得るところについて、
その際は最初の一瞬だけ邪魔(インタラプション)をして
気づいてもらう必要があるんです。
 
Web上ではこれまでバナー広告などしかなかったのですが、、、
そこで「Qgent」の登場です。
http://qgent.jp/
 
Qgentで離脱しそうな人に気づかせ、そこでインセンティブを与えつつ、
最初のパーミッションを得るのです。これはとても効率的であることを、
早くみんなに知って頂きたいです(もしよろしければ記事をシェアしてくださいw)!
 
パーミッションマーケティング・・・これからのWebの時代の、古いけど新しいマーケティング手法です。

無料PDFダウンロード