◆『検索されているキーワードで記事を書かないと意味がない』

今日も一日暑かったですね~
 
 
今日は、
午前中には実家の近所の
“かき氷”店に行きました。
 
 
“かき氷”だけだというのに
何故か1時間も並んで、
ようやく中に入れたという
超人気店。
 
葉山の霧原という
お店をご存知ですか?
http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140602/14041988/
 
日光の天然氷を使った
夏季限定営業の
かき氷屋さんなのです!
 
ここで食べた
いちごミルクの“かき氷”が
美味しかった!
 
 
ちょっと遠いかもしれませんが、
近所にお越しの際は
ぜひぜひお試しを!
 
9月まで営業しているようですよ。
 
 
 
ちょっと気になって
「かき氷」というキーワード
どのくらい検索ボリュームがあるのかを
調べてみました。
 
 
さすがにこの時期は多いようで、
1ヶ月間で90,500回/月も検索を
されているようです!
 
 
この時期だけかもしれませが、
このようなキーワードは
時期によって検索数が
大幅に伸びますよね。 
 
例えば、「花火」とかもそうですよね
こちらは花火大会の開催情報などを
調べる人も多いので、
先月(7月)は、1,2220,000回/月も
調べられてました!
 
 
このようなキーワードで上位表示されたら
一時的かもしれませんが、
すごいアクセスを集めることができますね^^
 
 
そうです!
ブログを書くときなどは、
この検索ボリュームを気にして
書く必要がありますね!
 
当然、書くのであれば、
なるべく多くのアクセスを
集めたいと思っていると
思います。
 
ブログのアクセスを継続的に
増やすためにブログを
書き続け、更新頻度を増やす
ことは良い事ですが、
 
全く検索されないキーワードで
記事を書いても意味がありませんね!
 
 
しかしどのようなキーワードが
どのくらい検索をされているのか、、、
調べることが必要です。
 
やみくもに記事を書いても意味がありません。
 
その時に使えるのが、
Googleのキーワードツールです。
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal
 
 
今回記事で「カキ氷」と書かずに
「かき氷」と書いたのにも
この検索ボリュームから
そのように決めたのです。
(圧倒的に「カキ氷」よりも
「かき氷」の方が検索数が多いのですよ^^)
 
 
キーワードごとに、
どの位の検索ボリュームがあるのか、
時期的な推移とか、
そのキーワードでPPC広告を出した際に
その程度の単価で上位に表示させられるのか
などなど、
 
検索エンジンマーケティングを
計画する際には必須のツールですね!
 
使い方を記事にまとめているので、
ぜひぜひ見てみてくださいね!
http://tsunoda.biz/?p=2562

================================
今後メルマガでWeb集客やマーケティングの
情報など、いち早くお知らせしていきます!
そのメルマガ登録はこちらですよ。
http://tsunoda.biz/mailmag/
================================

無料PDFダウンロード